在日大韓基督教会・豊中第一復興教会ようこそ! あなたの訪問を心から歓迎いたします。 환영합니다!

2011-05-15

2011-05-15

病を得て①

画像の説明

 思いがけない病気と入院で、皆さんにはご心配をおかけしました。お祈りを心より感謝します。

 発端は、4/22(土)イースターの前日の夜、夕食後しばらくしてからでした。昼間から胃がもたれていたのですが、突然激痛が走り、あわてて胃薬を飲んで横になっていました。うんうんうなっているのを見て、母が救急車を呼ぼうかと言ったほどです。土曜日にそんな騒ぎはご免だと、さらに鎮痛剤を飲んでどうにか眠りにつきました。
 
 それから数日は、胃薬を飲み、少量のおかゆを食べて過ごしましたが1週間たっても治らないため、受診しましたら、肝臓の数値が極端に上がっているというのです。
 なんと健康な人の10倍ほどになっているので、すぐ入院したほうがいいと言われました。まさか肝臓とは……寝耳に水でした。飲酒をするのか、と何度も聞かれましたが、する機会もありません。ご飯が食べられないという以外、痛みもなく不便さもありませんでしたが、あまりにも怖いので検査に行くと、即、入院になりました。

 血液検査をし、点滴をしながらCTやMRIなど、たくさんの検査をしました。3日半は24時間点滴、トイレも車椅子で行く絶対安静の生活。動けないというのはなんと不便なことでしょうか。そして、隣の人の食事の音や匂い、ガサガサ荷物を整理する音などが気になりました。
 ほんの少し、じっと寝ている病人の気持が理解できた数日間でした。

「彼は軽蔑され、人々に見捨てられ/多くの痛みを負い、病を知っている。彼はわたしたちに顔を隠し/わたしたちは彼を軽蔑し、無視していた」
(イザヤ53:3)


コメント


認証コード9364

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional