在日大韓基督教会・豊中第一復興教会ようこそ! あなたの訪問を心から歓迎いたします。 환영합니다!

2011-05-22

2011-05-22

病を得て②

画像の説明

 連休中に入院したため、病院で行なわれている毎朝の礼拝はお休みでした。GWが明けたら、チャペルがあり、みことばが聞けるんだ。チャプレン(病院付きの牧師)に会えるんだ、と心待ちにしていました。
 もちろん一人で聖書を読み祈ってはいましたが、声を出して讃美歌が歌えないのが不便でした。また、病気の原因が全くわからず、入院が長引くのか手術でもしなければならないのか、先が見えないための不安もありました。
 
 普段は忙しく礼拝の準備をし、礼拝を導く側にいます。一人の信徒として、こんなに礼拝が待ち遠しかったのは久々の経験でした。
 待ちに待ったその朝。まだ絶対安静が解けていなかったため、ベッドの中でビデオ中継を見ながら礼拝をしました。讃美歌とみことばに思わず涙がこぼれました。
 病室は消化器内科の部屋でしたから、胃や腸を手術する方ばかりでした。みな不安そうに入院してきて、翌日手術を受けます。もちろん数日辛いのを乗り越えれば、元気になって退院していくわけですが、やはり病気をするというのは不安なものです。
 そんな中で、朝と昼、放送を通してみことばと讃美歌が聞けることは、大きな慰めとなりました。チャプレンからの「皆さまのご回復をお祈りしております」という言葉は、大きな支えとなりました。
 希望と慰めのみことばをこれからも語り続けたい。たとえそれが、目に見えるような実を結ばなくても、主のみことばを語るなら、必ずいつかどこかで芽を出すのだと信じて語りたい、そう強く思わされました。

「御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい」(テモテⅡ4:3)


コメント


認証コード5802

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional