在日大韓基督教会・豊中第一復興教会ようこそ! あなたの訪問を心から歓迎いたします。 환영합니다!

今あるものに感謝して

今あるものに感謝して

ジャイアント・ラビット(弁慶草科、カランコエ属)


メリー・クリスマス! 救い主キリスト降誕のよろこびがすべての人とともにありますように。
金曜日の夕刻、素晴らしい音楽を聴くひとときを持ちました。全部で38名方がお越しになり、クリスマスの飾りつけをした礼拝堂に、澄んだヴァイオリンとピアノの音色が響き、キャンドルの灯りの中、日常生活を忘れてしまうような時間でした。
狭い礼拝堂にあふれることもなく、寂しすぎることもなく、ちょうどよい人数を主が送ってくださったことに感謝します。

私たちの教会にとって年に1、2回しかないビッグイベント、伝道の機会なのですが、つくづく思うのは人が足りない、ということです。アッシャー(座席案内係)がおらず、直前までイスを出したり指示をしたり、駐車場の案内などなど外から来られる方を迎える係もおらず、80歳の母が寒空に立っておりました。

以前、教会の建物内に住んでいた時は、イベントの後は片付けに3日ぐらいかかったものです。多くの部分を共有して暮らしておりましたので、私物から何からあるものないもの皆、引っ張り出して来たので、家族は皆、寝込むぐらい疲れたものです。
今は教会の外に家が与えられています。先日は2時間前に2人、30分前に1人が来て奉仕をされました。後片付けも大方してくださったため、30分で済みました。大大大進歩です!

青森で牧師をしている知人によると、冬の主日は、早朝6時ごろの雪かきから始まるということです。教会員が怪我をしないよう、礼拝に集えるよう、道を造るところから始まります。メッセージを語る前に、汗びっしょりになって、文字通り体力勝負の一日だということです。
高齢の信徒さんたちも、零下何度という世界で礼拝に集うこと自体、いのちがけ、並大抵の覚悟ではありません。今、私たちに与えられているものに感謝しつつ、喜びをもって奉仕したいと思います。



「主の万軍よ、主をたたえよ/御もとに仕え、御旨を果たすものよ。」(詩篇103:21)


コメント

  • いつも感謝です〜ね。コンサート良かったです。感謝


  • 金鐘賢牧師任、こちらこそいつもありがとうございます。たくさんの兄弟たちが来てくださって、励まされました。私たちの教会には初めてという兄弟もおられて、うれしかったです。



認証コード0992

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional