在日大韓基督教会・豊中第一復興教会ようこそ! あなたの訪問を心から歓迎いたします。 환영합니다!

苦い根

苦い根

木を見ると見上げることが多いですが、根っこが想像もつかないぐらい張っていることも思い出すこの頃です

 猛暑が続いています。日照りの中で、やってもやっても追いつかない感じで、草木の水やりも大変です。それでも芝生だけは青々と茂っています。
 教会に入る通路の細い道を、教会のみんな(ほとんど女性だけ)の手で数年前に整備しました。水はけが悪く雨の多い日にあちこちに水たまりができることや、見栄えの悪いことなど、いくつかの理由から、斜めになっていた部分のかなりの量の土を取り除いて平らにし、花壇を作りました。

 実は、この土を取り除くことには少し、躊躇がありました。なぜなら芝生は亡くなった先代牧師(筆者の父)が植え、丁寧に刈りそろえて手入れをして育てたものだったからです。それでもやはり、庭を整備したほうがよいと決心して、はぎ取るようにして土を大量に除去しました。
 ところが少しずつ少しずつ、芝生は回復し、今では前以上に勢いよく茂っています。見るたびに、根が張っているんだなということを実感するのです。根がある限りいのちがあり、枯れたように見えても、なくなったように見えても、また生えてくるのです。

 ところが同じ根でもこれが「苦い根」であるならば、困ったものです。人を憎んだり、ねたんだり、すぐにカッとなったり、人との交わりがうまくできなかったり、私たちの人生において結ばれるいろいろな「苦い実」には必ずその原因が根の部分にあります。
 その根とは大部分が乳幼児期に起こった出来事を通して、私たちが受けた傷、間違った反応を抱いてしまった罪にあるのです。
 
 キリストというよい樹につらなっている私たちは、みずみずしい実を必ず結ぶことができます。主から十分な養いを受けて、愛、喜び、平安などの義の実を結びたいと思います。そのためには、苦い根に気づかせていただき、主に取り除いていただきましょう。

「神の恵みから除かれることのないように、また、苦い根が現れてあなたがたを悩まし、それによって多くの人が汚れることのないように、気をつけなさい。」(ヘブライ12:15)


コメント


認証コード2392

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional