在日大韓基督教会・豊中第一復興教会ようこそ! あなたの訪問を心から歓迎いたします。 환영합니다!

教会紹介

豊中第一復興教会外観

KCCJの紹介

 豊中第一復興教会は、在日大韓基督教会(The Korean Christian Church in Japan=KCCJ)に所属するプロテスタント教会です。KCCJは北海道から沖縄までに99の教会・伝道所があり、1908年に東京で始まった教会です。長老教会と監理教会(メソジスト)との合同の宣教によってスタートしたKCCJは、現在、日本基督教団、世界教会協議会(WCC)をはじめ世界の様々な教派団体との宣教協約を結んでいるエキュメニカルな教会です。

教会のあゆみ

 豊中第一復興教会は、1980年に開拓伝道が開始されました。当初は礼拝場所がなく、ビルの一室を借りて、数年後には日本キリスト教団・豊中教会の集会室を借りながら礼拝をおこなっていましたが、4年後に現在の曽根の地に礼拝堂が与えられました。2006年に開拓者である朴昌煥牧師が逝去し、現在は二代目の牧師となっています。2010年に創立30周年を迎えました。

 礼拝は日本語を中心に行なっていますが、賛美や交わりでは日本語と韓国語が元気に飛び交っています。イエス・キリストによって与えられた新しいいのちの躍動を伝える生き生きとした礼拝、信仰生活を目指して、集っています。
 あなたのお越しを心から歓迎いたします。

連絡先

〒561-0804豊中市曽根南町2-1-11
TEL◆ 06-6866-0922
FAX◆ 06-6863-9737
Email◆ park-toyonaka☆outlook.jp
(☆を@に変えてお送りください)
 牧師 朴栄子

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional