在日大韓基督教会・豊中第一復興教会ようこそ! あなたの訪問を心から歓迎いたします。 환영합니다!

ホンモノ②

ホンモノ②

ネリネ・ヒガンバナ科(ダイヤモンドリリー)

 金夏中長老の証しの続編です。10年以内に必ず中国に大使として戻ると宣言した金長老は、祈りの内に準備を整え、6年後に大使として北京に戻り、6年半という長期間、重責を担いました。
 大使は「シンドラーのリスト」を頭に描きながら、在任期間中に1,000人の脱北者を救えるようにと祈ってきたそうです。最初は消極的だった大使館の職員も、中国外交部の上層部の人たちも「人のいのちを救うことができる尊い機会だ」という大使の説得に押され、徐々に協力するよう変えられていきます。結果として在任中、大使館への脱北者の駆け込みが約400件、韓国に送った人数が約1,000名になり、大使自身もこの数字に見張ったそうです。

 2004年の冬、一通の手紙を監獄から受け取ります。中国人の密出国をあっせんした罪で中国当局に逮捕され、服役中の韓国人女性からです。懲役12年のうち7年の刑期を終え、高齢で病もあるため、仮釈放となるよう助けてほしいとの内容でした。中国では刑期の半分以上を終えると、仮釈放になるケースがありますが、外国人には適用されないので不可能だと言われていたそうです。
 けれどもこの件について祈ったとき、主が明確なゴーサインをくださったので大使は力を尽くして働きます。その結果、2006年の秋には仮釈放と韓国への強制出国が決まりました。彼女が帰国する前に、お金を少し渡そうと考えて祈ると、主は考えていた額の4倍を渡すようにと言われます。韓国に帰った女性から、半年後に礼状が届きました。
 長年ぶりに帰国してみると家もなく、家族も捜せなかったが、大使からの贈り物で小さな家を借りて凍死せずに済んだこと、二度と罪を犯さないことが綴られていました。    (次週に続く)

『神の大使』(金夏中著,Duranno発行,2013)

「わたしは主を愛する。主は嘆き祈る声を聞きわたしに耳を傾けてくださる。生涯、わたしは主を呼ぼう」(詩編116:1-2)


コメント

  • Re:

    김종현목사님
    한상 읽어 주셔서 감사합니다. 저도 성령님의 인도하심의 민감한 사람이 되고 싶습니다.



認証コード6662

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional